【ゼロから知れる5G】第6回/高速・大容量通信を支える周波数帯「サブ6帯・ミリ波帯」について

ガジェット総合
話題の「5G」をゼロから知っていく本連載。最近ではKDDIが新しい料金プランを発表したり、ドコモがプレサービスを開始したりと、来春のサービス開始に向けて着々と準備が進んでいます。今回は5Gを理解するうえで理解しておきたい「サブ6帯・ミリ波帯」について解説していきます。
 
5Gではこれまでよりも高い周波数帯を使用
「サブ6帯」「ミリ波帯」とは、ずばり5Gで使用される周波数帯のこと。周波数帯については第2回で解説しましたが、電波の通り道のようなもので、この道をデータがいきかい、さまざまなデバイスが通信しています。
 
具体的な数字でいうと、サブ6帯の周波数帯は3.6~6GHz。「サブ(sub)」には英語で「以下の、未満の」という意味があり、“6GHz以下の周波数帯”なのでこのように呼ばれています。
 
ミリ波帯の周波数帯は、およそ30~300GHz。そもそも「ミリ波」は、1~10mmの波長を持つことが名前の由来です。ちなみに、波長が0.1~1mmの電波を「サブミリ波」と呼びます。
 
従来の3G、4Gでは3.6GHz以下の周波数帯が使われてきたため、5Gではこれまでよりも高い周波数帯が使われることになります。
 
5G通信のカギは、ミリ波帯
でもどうしてサブ6帯とミリ波帯が使用されるのでしょうか? その理由は、それぞれの周波数帯の特

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました