コーラス・ワールドワイド、架空の国の新聞を編集するアドベンチャーゲーム「ヘッドライナー:ノヴィニュース」の予約を受付中

VR
コーラス・ワールドワイドが、新作アドベンチャーゲーム「ヘッドライナー:ノヴィニュース」の予約受付を行っている。Switch、PS4、Xbox One各機種向けに12月12日にリリース予定で、価格はデジタル版が1,600円(税込)、パッケージ版が3,980円(税別)。
「ヘッドライナー:ノヴィニュース」は繰り返しプレイできる短編アドベンチャーゲーム。プレイヤーは架空の国「ノヴィスタン」で発行される新聞社「ノヴィニュース」の編集長となり、毎日集まるニュース記事の採用・不採用を決め、新聞を編集し、ノヴィスタン国民の世論を作り上げていく。プレイヤーのデスクには日々様々なニュース記事が送られてくるが、デスクの両側には「採用」「不採用」の2つのスタンプが用意されており、それを選択して新聞の見出しを飾る記事を選別していく。中には健康保険の国営化や、新聞のスポンサーである飲料会社が合成アルコール飲料を作った事件、さらに政治の腐敗といったシビアな記事もあり、どのニュースを採用するかによってシナリオが分岐し、プレイヤーの上司や同僚、家族、さらには帰りがけに立ち寄る商店の店主など、周囲の人々にも影響が及んでいく。
シナリオは新聞編集から14日後を繰り返す内容で、繰り返しプレイすることで新しいキャラクターとストーリーが増え、ゲームはさらに深みを増していく。同タイトルはそのリアルかつシニカルな内容から、高

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました