AIとIoTで半導体製造の高度化を目指す – AEC/APC Symposium Asia 2019 第2回 AEC/APCを徹底活用するソニーのイメージセンサ製造戦略

2017-08-24_00h03_35 IT総合
スマートフォン、デジタルカメラ、自動車、産業機器、医療機器など、さまざまな分野でのアプリケーションが期待されるイメージセンサ市場において、ソニーは、裏面照射型CMOSセンサをベースとしたさまざまな独自技術で、高画質と多機能/高性能を実現する製品を産み出し、世界をリードし続けている。
同社は1983年に最初のイメージセンサを出荷して以降、2019年5月に累積出荷数量100億個達成し、世界シェアの5
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました