アジレント、サンプル再分析の低減などを可能とする次世代ICP-OESを発表

2017-08-24_00h03_35 IT総合
アジレント・テクノロジーは12月5日、次世代のICP発光分光分析装置(ICP-OES)となる「Agilent 5800/5900」を発表した。
2製品は2016年にリリースされた前世代機「Agilent 5110」の特徴を活かしつつ、機能拡充を図ったもので、新開発の自由曲面光学系を採用することで、分解能や検出下限を向上させつつ、システムの小型化も実現。具体的には従来機比で床面積は約20%減、高さ
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました