ダイバーシティ重視のVCファンド「Harlem Capital」がファンド規模約44億円でデビュー

2017-08-24_00h03_35 IT総合
Harlem Capital(ハーレムキャピタル)は、エンジェルシンジケート(エンジェル投資家とスタートアップをつなぐ資金調達プラットフォーム)から本格的なベンチャーキャピタル(VC)ファンドにアップグレードし、初めての資金調達を応募超過の4030万ドル(約44億円)でクローズした。
2015年にニューヨークのハーレム地区でマネージングパートナーのHenri Pierre-Jacques(アンリ・ピエールジャック)氏とJarrid Tingle(ジャリッド・ティングル)氏が設立した。2人はその後、ハーバードビジネススクールを卒業し、Brandon Bryant(ブランドン・ブライアント)氏とJohn Henry(ジョン・ヘンリー)氏の2人をベンチャーパートナーに迎え、アソシエイトも2人雇い 、ポートフォリオ拡大に向け陣容を整えた。ダイバーシティを念頭に今後20年間で1000人の創業者に投資するという長期的な目標を掲げる。
「我々はインパクトファンド(社会的事業に投資するファンド)ではなく、インパクトを与えるベンチャーファンドだと思っている」とピエールジャック氏はTechCrunchに語った。「インパクトを生み出す方法は、女性とマイノリティの起業家にオーナーシップを持ってもうらうことだ」と続ける。
Harlem Capital Partners Venture Fundは、業界を問わ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました