Microsoft、Windows 10の一部をRustへ書き換えてセキュリティ強化狙う

2017-08-24_00h03_35 IT総合
Fossbytesは12月4日(米国時間)、「Using Rust in Windows – Microsoft Security Response Center」において、MicrosoftがWindows 10のコンポーネントの一部をプログラミング言語「Rust」を使って書き換えを進めていると伝えた。メモリセーフであるRustを使うことで、Windows 10に発生する脆弱性を回避する狙いがあ
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました