Androidスマホで3年連続No.1 のシャープ、開発陣に聞く“次の一手”

2017-08-24_00h03_35 IT総合
2019年、OSにAndroidを搭載したスマートフォンの販売台数シェアで年間No.1に輝いたのは、シャープだった。全国の家電量販店やECショップのPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、シェア値は26.2%。価格と性能の絶妙なバランスが好評だ。今回で3年連続のトップシェアになるが、慢心せず、1月下旬にはハイエンドモデル「AQUOS zero2」を発売予定だ。一体どのような端末なのか、
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました