従業員を雇うのはもう古い?従業員ではなく、フリーランスに外注せよ!

マーケティング
黒坂 岳央(くろさか・たけお) 水菓子肥後庵代表。フルーツビジネスジャーナリスト。シカゴの大学へ留学し会計学を学ぶ。大学卒業後、東京で会社員を経て独立。フルーツギフトのビジネスに乗り出し、「肥後庵」を運営。経営者や医師などエグゼクティブの顧客にも利用されている。ビジネス雑誌やニュースサイトでビジネス記事を書いている。著書に『年収1億円超の起業家・投資家・自由業そしてサラリーマンが大切にしている習慣 “億超えマインド"で人生は劇的に変わる!』など。 筆者は経営者であり、高級フルーツビジネスでは従業員を雇っている。だが、他に手がけている事業、英語教育ビジネスや講演活動などについては、自社で従業員を雇わず、すべて外注に出している。ビジネス形態によっては無理して従業員を雇うより、フリーランスに外注したほうが圧倒的にメリットは多い。本記事では、従業員ではなくフリーランスに外注するメリットについて解説する。 従業員は「重業員」になり得る (画像=VGstockstudio/Shutterstock.com)日本は、従業員を法律で強固に保護する社会である。これは従業員の立場からすればとてもありがたい限りだ。正社員雇用であれば、いきなり解雇されて路頭に迷う心配はない。また昨今はパワハラやセクハラが大きな社会問題になっており、損害賠償を請求する事例も起きている。つまり我が国

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました