【投資のヒント】前期の最高益を二桁増益で更新しそうな12月決算銘柄

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
先月からスタートし今月中旬に終了した3月決算銘柄の第3四半期決算と並行して行われていた12月決算銘柄の本決算発表も今月中旬に終わりとなりました。そしてその本決算発表と同時に発表された今期の見通しでは増益を予想する企業も多くみられ、そのなかには最高益更新が見込まれるものもあります。 (画像=PIXTA)そこで今回はそうした企業のなかから前期の最高益を二桁の増益で更新しそうな12月決算銘柄をピックアップしてみました。例えばアウトソーシング(2427)や、オロ(3983)では前期の営業最高益を3割以上の大幅な増益で更新しそうなほか、ビーロット(3452)やグローバル・リンク・マネジメント(3486)、IBJ(6071)、ビジョン(9416)でも2割を超す増益で最高益を更新する見通しとなっています。 (画像=マネックス証券)金山敏之(かなやま・としゆき)マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト国内証券会社の投資情報部にて、営業向けの個別銘柄・業績動向分析レポートを担当、その後、外資系証券などを経て、2007年4月より現職。国内市況、業種、および個別銘柄に関する分析を担当。「マーケットメール」コラムの執筆を行う。日本証券アナリスト協会検定会員。【関連リンク マネックス証券より】・日経平均の底値目処は?・緊急レポート この急落は買い場か否か?・新型肺炎拡大懸念による株価急落 ‐ 今後の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました