【池袋暴走事故】飯塚幸三容疑者「迷惑です」取材拒否の張り紙と妻の“強気発言”

ガジェット総合
1: 名無しさん@VIP 2020/01/06(月) 05:30:31.68 ID:xHPcuxRD9 《最愛の妻と娘を同時に失ってから今日まで、なぜこのようになってしまったのか訳がわからず、いまだに妻と娘の死と向き合うことが……》 《事情があることは重々承知しておりますが、少しでも運転に不安がある人は車を運転しないという選択肢を》  東京・東池袋の事故現場にそう貼り紙をしているのは、4月19日に飯塚幸三容疑者(88)が運転する車の暴走で亡くなった真菜さん(享年31)の夫であり、莉子ちゃん(享年3)の父である松永さん。  事故から8か月がたった現在も、現場のかたわらには絶え間なく花やペットボトルが供えられている。 . 高齢により刑の執行が停止される可能性も  2人が死亡、8人が重軽傷を負った重大事故にもかかわらず、容疑者が逮捕されなかったことにも批判が噴出。  東大卒で旧通産省工業技術院の元院長という“上級国民”だから警察は配慮したのでは、という説も囁(ささや)かれた。  テレビ局の報道部記者は、こう説明する。 「容疑者は事故当初は入院していて、90歳近い高齢者。逃亡や証拠隠滅(いんめつ)のおそれもないため、警察は逮捕せずに捜査するという方法をとりました」  結局、容疑者は11月に自動車運転死傷処罰法違反の疑いで書類送検。事故車の機能に異常が

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました