アメリカン航空、機内やラウンジサービスに制限 座席利用規定は緩和

2017-08-24_00h03_35 IT総合
アメリカン航空は、機内での食事やドリンクの提供、ラウンジのサービスを一時的に削減する。
3月27日から4月30日まで、飛行距離が2,200マイル未満のフライトでは、メインキャビンでアルコールを提供しない。機内食や販売用の軽食も用意しない。2,200マイル以上の全てのフライトでは、ファーストクラスのみ食事を提供する。今後、搭乗口でボトル入りの水と軽食を提供することを検討する。
長距離国際線では、
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました