オンライン血圧モニタリングおよび医療相談サービスを無料で提供

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
 オムロン ヘルスケア株式会社(代表取締役社長 荻野 勲、本社:京都府向日市、以下 オムロン ヘルスケア)と一般社団法人テレメディーズ(代表理事 谷田部 淳一、所在地:東京都千代田区、以下 テレメディーズ)およびポート株式会社(代表取締役社長 春日 博文、本社:東京都新宿区、以下 ポート)の3社は、インターネットを利用した血圧モニタリングおよび高血圧に関する医療相談サービスの無料提供を開始します。テレメディーズが提供している高血圧オンライン診療支援サービス 「テレメディーズ® BP」の一部機能を、一般生活者向けに無料化します。提供期間は政府の発出に基づく対象期間を考慮し、2020年4月8日から5月6日までです*1。
*1 期間の延長に関しては今後の社会情勢を踏まえて検討します。
 
 「テレメディーズ® BP」には、専用のスマートフォンアプリ「テレメディーズアプリ」を用いて、自宅で測定した血圧データを、総合内科および内科領域別専門医、医療スタッフと共有し、高血圧に関する医療相談ができる「オンライン医療相談サービス」と、オンラインでの高血圧診療および降圧薬などの処方を郵送で受けることができる「高血圧オンライン診療支援サービス」があります。このうち、今回は「オンライン医療相談サービス」を無料化します。
 
 これまで3社は、高血圧をはじめとした慢性疾

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました