住宅ローンの仮審査と本審査の違いとは?審査に落ちる原因と対策をFPが解説

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
住宅ローンの仮審査では希望物件を買うときに住宅ローンが組めるかどうかがチェックされる。仮審査に通過すると本審査に進むが、住宅ローンの仮審査と本審査では確認するポイントが異なる。それぞれの違いや、仮審査に落ちてしまったときにすべきことも確認しよう。目次1.住宅ローンの仮審査とは2.仮審査と本審査の違い3.仮審査に落ちやすくなる3つの原因4.仮審査に落ちたときにすべきこと1.住宅ローンの仮審査(事前審査)とは (画像=Brian A Jackson/Shutterstock.com)住宅ローンを借りるためには、仮審査と本審査の2段階の審査がある。住宅ローンの仮審査は本審査を受けるための通過点のようなもので物件契約と同時並行で進めていく。住宅ローンの借り入れまでどのような流れになるのかを確認しておこう。住宅ローンの仮審査(事前審査)から借り入れまでの流れ住宅ローンの仮審査を申し込むにあたり、最低限の物件情報が必要になる。申し込んだ物件を必ず購入する必要はないが、住宅ローンの仮審査ではどの物件で審査するのかを決めておく必要がある。住宅ローンの仮審査を無事通過すれば、物件の売買契約や住宅ローンの本審査に申し込める。 住宅ローンの仮審査から借り入れまで 不動産販売会社との手続き

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました