新型コロナでも「生き残れる中小企業」の特徴 "発想の転換"でピンチをチャンスに

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
新型コロナウイルスの影響で業績が悪化する中小企業が増えているが、ビジネスモデルの転換や技術を活かした新機軸の製品作りで業績を伸ばしている企業もある。コロナ下でも事業活動を維持もしくは成功させるために、中小企業の経営者に求められる戦略とは?新型コロナによる倒産、全国で少なくとも132件に (画像=PIXTA)民間調査会社の東京商工リサーチがまとめたデータによれば、新型コロナウイルスの影響で倒産した企業は5月11日時点で132件に達している。特に宿泊業での経営破綻が目立ち、業種別では最多の29件に上る。飲食業も19件、アパレル関連も13件と、厳しい状況が続く。宿泊業、飲食業、アパレル関連はほとんどが「B to C」のビジネスであり、一般消費者向けに事業を展開してきた企業の業績悪化が鮮明な状況となっている。東京商工リサーチは負債1,000万円以上の法的整理などを倒産調査の対象としていることから、実際の経営破綻の件数は132件という数字をゆうに超える状況となっているとみられる。悪戦苦闘している中小企業から学べることこのような厳しい状況下においても発想を転換し、ピンチを何とか切り抜けようと悪戦苦闘している中小企業は少なからずある。こうした中小企業の事例には、ピンチをチャンスに変えるためのヒントが隠されているはずだ。いま忙しい業界に営業先を変える受託型でシステム開発やウェブ開発などを請け負っ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました