牛丼御三家を比較!1日の店舗売上はどのくらい?

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
執筆者:株式会社ZUU※記事内の情報は更新時点のものです。最新情報は別途HP等でご確認ください。牛丼は、もはや国民食とも言っていいでしょう。大盛、肉だけ大盛、少盛など量のアレンジだけでなく、青ネギ、半熟卵、カレーなどトッピングの選択肢も豊富で、さまざまなパターンが楽しめるので毎日通っても飽きません。また、牛丼以外にもたくさんのメニューが用意されています。ここでは、牛丼を低価格で提供してくれる、若者にとって強い味方である牛丼チェーン、すき家、吉野屋、松屋の大手3社について、それぞれの売上高、店舗数などの数値から主に店舗当たりの売上高に注目し、それぞれの取り組みについて考えていきます。各牛丼チェーンの基本的な情報 (画像=54613/Shutterstock.com)まず、各チェーンの基本的な状況を確認してみましょう。2020年4月末までの時点で発表された情報を基に計算しています。・すき家年間売上高 約2,322億円(ゼンショーHD 20年通期連結予想に牛丼事業比35.1%で計算)店舗数 1,938(2020年4月末時点)1店舗1日当たりの売上高 約32.8万円・吉野家年間売上高 約1,102億円店舗数 1,228(2020年4月末時点)1店舗1日当たりの売上高 約24.6万円・松屋年間売上高 約1,041億円店舗数 963(2020年4月末時点)1店舗1日当たりの売上高 約29.6

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました