SG会田 アンダースロー: まだ財政拡大できる余地がある

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
シンカー:25兆円程度の追加的な国債発行をともなう追加経済対策を実施したとする。構造的財政収支が同じだけ赤字になった場合、長期金利を直接的に0.2%程度だけ押し上げる力となるが、インパクトはあまり大きくない。日銀が十分にコントロールできる範囲内で、まだ家計と企業を支援する財政拡大余地は大きいと考えられる。新型コロナウィルス問題終息後のV字景気回復への動きを確実にするには、家計と企業の不安心理が拡大してしている中で、リバウンドを妨げるリスクとなる追加的な需要の減退と供給の喪失を防止するため、家計と企業への支援を拡充する大規模な追加経済対策がまだ必要だろう。追加経済対策の国債発行による政府の資金調達をともなう財政拡大で、経済が回って賃金とマネーが拡大する力となるネットの資金需要は復活し、リフレサイクルが活性化し、ネットの資金需要をマネタイズする日銀の量的金融緩和の効果も拡大するだろう。大規模な追加経済対策によって国民・企業・マーケットの心理を支えることで新型コロナウィルス問題終息後の景気のV字回復を強くし、デフレ完全脱却への元の道に復帰することを可能にするだろう。現世代と将来世代は、現世代の活発な活動による生産性向上を通した所得の増加でつながっているため、現世代の苦境と活動低迷を軽視して「将来世代にツケを回すな」と長期金利への実際のインパクトを推計しない空虚な政策論理で、現世代と将来世

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました