TwitterのCEOがトランプ大統領のツイートに警告を付けた理由を説明

2017-08-24_00h03_35 IT総合
Twitter(ツイッター)が5月26日にトランプ大統領の2つのツイートに「要事実確認」の警告を表示した後、ドナルド・トランプ大統領と彼のお気に入りのソーシャルメディアプラットフォームの間で緊張が高まっている。
27日夜、TwitterのCEOであるJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏は自社プラットフォームで同社の対応を説明した。彼は滅多に政治的闘争をしない。

Fact check: there is someone ultimately accountable for our actions as a company, and that’s me. Please leave our employees out of this. We’ll continue to point out incorrect or disputed information about elections globally. And we will admit to and own any mistakes we make.
— jack (@jack) May 28, 2020

Per our Civic Integrity policy (https://t.co/uQ0AoPtoCm), the tweets yesterday may mis

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました