業界初の2.2Vから動作可能な高速通信用フォトカプラー=東芝デバイス〔BW〕

2017-08-24_00h03_35 IT総合
【ビジネスワイヤ】東芝デバイス&ストレージは、業界初の低電源電圧2.2Vから動作可能な高速通信用フォトカプラーを発売したと発表した。新製品は標準データ伝送レートが5Mbpsと20Mbpsの2種がある。2.2~5.5Vの電源電圧で動作する。スレッショルド入力電流が最大1.6mA、供給電流が最大0.5mAといずれも低く、消費電力の削減に貢献。セ氏マイナス40度から(プラス)125度の動作温度範囲を持つ
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました