オフィスや自宅から納税できるダイレクト納付とは?

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
コロナ禍で突然リモートワークへ移行した企業が多い中、納税のために出社せざるを得なかった方々もいらっしゃるのではないでしょうか。不安な中、銀行へ行き税金を納めた方々にぜひ知っていただきたいのが、オフィスや自宅から納税ができる「ダイレクト納付」という仕組みです。なんと、ほとんどの国税はダイレクト納付で納税することができます。しかし、まだまだダイレクト納付の認知度は低く、活用されているとは言えないのが現状です。今回のような突然のリモートワークで、非効率な業務が一気にあぶりだされました。銀行へ直接出向いて納税するのも、その業務のうちの1つではないでしょうか。ダイレクト納付は手数料など一切かからず利用できます。導入しないと損と言えるほど便利な仕組みなのです。この記事ではダイレクト納付の基本や、納付できる税金の種類、導入方法を詳しく解説します。ダイレクト納付による電子納税の基本 (画像=Rawpixel.com/adobe.stock.com)ダイレクト納付とは、インターネット上で税金が納付できる仕組みのことです。「それならインターネットバンキングでもできるよ?」と思われるかもしれません。ダイレクト納付とインターネットバンキングとの大きな違いは手数料です。ダイレクト納付は、導入時も納付時も、一切費用がかからないのです。では、ダイレクト納付の登録から納付までの流れはどのようになっているのでしょ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました