HuaweiとZTEがついに「国家安全保障上の脅威」に指定される

2017-08-24_00h03_35 ガジェット総合
アメリカは以前から、中国の大手通信機器メーカーであるHuaweiや大手スマートフォンメーカーのZTEを危険視しており、「情報通信上のリスクがある」と主張していました。2020年6月30日、ついにアメリカの連邦通信委員会(FCC)が正式にHuaweiとZTEを「国家安全保障上の脅威」に指定しました。続きを読む...
Source: ギガ人

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました