オークネット、株式会社東京砧花き園芸市場をM&A

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
 情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区、代表取締役会長CEO:藤崎清孝 代表取締役社長COO:藤崎慎一郎、以下「オークネット」)は、2020年7月1日に株式会社東京砧花き園芸市場(本社:東京都世田谷区、以下「砧花き」)の株式を取得し、子会社化致しました。
 
 オークネットでは1997年より切花を中心に花き流通事業を展開しており、2015年に株式会社オークネット・アグリビジネス(本社:東京都港区、代表取締役社長:尾崎進、以下「オークネットAG」)として子会社化致しました。2019年には取扱高63億円(※1)、買参会員数が1,076社(※1)となり、日本で唯一の完全在宅取引を実現したインターネット花市場です。
 一方、砧花きは1998年に設立、世田谷中央卸売市場内に所在し、主に洋蘭・観葉植物・ガーデニング素材など鉢物を中心とした現物市場を展開して参りました。年間取扱高44.7億円(※2)、買参会員数が928社(※2)となっており、鉢物をメインとした高級花材が集まる市場です。
 
 今回の買収により、両市場を合わせた流通金額は100億円を超える規模となり、切花・鉢物を合わせた流通金額では全国卸売市場ランキングでTOP10(※3)に入る市場が誕生することとなります。
 営業面では切花をメインとしてきたオークネットAGと、鉢物をメインとしてきた砧

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました