ウェアラブル決済デバイス市場ーアプリケーション別、デバイス別、流通チャネル別(オンライン、オフライン)によるセグメンテーション-グローバルな需要分析と機会の見通し2028年

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
Research Nester Private Limitedは調査レポート「ウェアラブル決済デバイス市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2020年7月 01日に発刊しました。これは、2020~2028年の予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。ウェアラブルデバイスは、皮膚に密着して装着されるスマート電子デバイスです。スマートウォッチ、リストバンド、スマートリングは、最近最も人気のあるウェアラブルデバイスの例です。これは、体のバイタルサインに関する情報を検出、分析、送信できます。モノのインターネット(IoT)のアプリケーションをデータとして使用するこれらのデバイスは、オペレーター、メーカー、その他の接続されたデバイスと積極的に交換されます。これらのデバイスは非接触型決済にも使用されます。COVID-19パンデミックが始まって以来、感染のリスクを伴うため、小売店での支払いに物理的なカードを使用することに人々は不安を抱いてきました。https://www.researchnester.jp/sample-request-2590市場レポートは、以下のすべてのポ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました