産地直送ショッピングモール「JAタウン」が特設サイト 「日本の和牛」を開設

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
2020年7月1日

全国農業協同組合連合会(JA全農)

 
JA全農が運営する産地直送ショッピングモール「JAタウン」は、特設サイト「日本の和牛」を7月1日に開設しました。同サイトは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で販売が滞っている和牛肉について、産地で厳選したセットを3つのコースで特別価格・送料無料で購入できるようにしてご家庭で楽しんでいただきながら、和牛生産者を応援するキャンペーンサイトです。
 

 
この特設サイトは、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、在庫の滞留や売上の減少などが顕著な食材の販売を支援するため、対象品目の送料を補助する国の事業(農林水産省による令和2年度国産農林水産物等販売促進緊急対策事業の品目横断的販売促進緊急対策事業におけるインターネット販売推進事業)を活用した取り組みです。
 
【新型コロナウイルス感染症により大きな打撃を受けた和牛肉】
 年間15万トン程度生産される和牛肉の大半は焼肉等の外食で消費されています。また、近年のインバウンド需要の拡大や、輸出用の増加(2019年度は4339トンと前年比122%)が和牛生産者の経営を支えてきました。しかしこの状況はコロナ禍で一変しました。緊急事態宣言による外食の営業自粛やインバウンドの減少などにより、和牛肉の消費は大きく減少し、卸売価格も前年同月比30

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました