AR技術でリモート対面接客が可能に!「ホロトーク」がローンチ!

VR
法人向けXRソリューションを開発している株式会社ホロックスは2020年6月30日(火)、リモートで接客できるサービス「ホロトーク」を、7月1日(水)からローンチすることを発表しました。
窓口や受付などで利用することができ、AR技術を利用して遠隔地から臨場感のある接客が可能です。





「ホロトーク」とは
今回ローンチされた「ホロトーク」は、遠く離れた場所にいても受付や案内などの窓口業務が可能になるリモート接客サービスで、来客から見るといわゆる”ホログラフ”のような形で接客ができます。
ホロックス社では「バーチャル時代の現実体験を再定義する」というミッションの下で「ホロトーク」の開発・実証実験に努めており、今回同サービスのローンチにより、
・窓口
・受付
といった対面接客シーンの未来の形を示すとともに、昨今の新型コロナウイルス感染症対策の一環としても機能できればと考えているということです。
>>ホロトーク公式サイト
リモート接客で遠隔地にも対応!
「ホロトーク」は、無色透明のガラスに遠隔地の人物を等身大で投影するという仕組みで、接客者は遠隔地にあるオフィスなどのPC画面を通して応対します。
もちろん会話でき、接客者自身が現場に投影されるため、リモートでもその場に存在するかのような臨場感のある対面接客が可能になります。
「ホロトーク」により、地理

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました