Qualcommがスマートウォッチ用チップの最新世代機を発表、省電力時でもさまざまなな機能を利用可能に

2017-08-24_00h03_35 IT総合
米国時間6月30日、Qualcomm(クアルコム)はウェアラブル用Snapdragon Wearプラットフォームの新製品であるSnapdragon Wear 4100と4100+のローンチを発表した。
12nmプロセス技術を基盤にしたこの新しいプラットフォームは、Android Wearのエコシステムに新たな息吹を吹き込みそうだ。
ユーザーが最初に気づくことの1つは、前世代のWear 3100と違って4100+がずっとリッチなアンビエントモードをサポートすることだ。同睡眠追跡やライブコンプリケーション、画面輝度の自動調節などを行いながらエネルギー効率の良いこのモードでも多くの色を表示することができる。
従来のAndroid Wearのエコシステムでは、アンビエントモードはライブモードと比べてかなり簡素化されていた。しかしこの新しいプラットフォームでは、それを変えようとしている。Qualcommのデータによると、スマートウォッチの多くが動作時間の95%でアンビエントモードになっているため、これは改善すべき明らかな機能だ。スポーツモードでは同じようなモードになり、さまざまなセンサーやマップ、GPSなどを利用して、ランニング中に最新情報を入手することができるようになる。
画像クレジット:Qualcomm
実際の技術に関しては、4100+のプラットフォームはメインシステムにCortex A

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました