Apple端末のセキュリティを担う「Secure Enclave」チップにパッチ修復不可能な脆弱性が見つかる

2017-08-24_00h03_35 IT総合
Appleのセキュリティプロセッサ「Secure Enclave」は、iPhoneやiPad、Macといった端末の機密データを暗号化して保護する役割を担っています。このSecure Enclaveにパッチ修復が不可能な脆弱性が存在することが明らかになりました。
New ‘unpatchable’ exploit allegedly found on Apple’s Secure Enclave c
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました