効率の高い分散型太陽光発電を可能にするSiC

2017-08-24_00h03_35 IT総合
消費者、産業界、政府はすべて、再生可能エネルギーの利用を拡大するための措置を講じています。これにより、発電・配電システムは、主として中央集中型のホィールアンドスポークアーキテクチャから、需要と供給を円滑にするために、スマートグリッド相互接続で支えられる局所的な発電と消費のメッシュベースアプローチへと再形成されつつあります。太陽光発電の未来を創るワイドバンドギャップ半導体
国際エネルギー機関(IE
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました