3月の消費意欲指数は、前月比・前年比ともに増加−−コロナ禍でも春に向けた意欲は健在

ガジェット総合
博報堂のシンクタンクである博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1500人を対象に、「来月の消費意欲」の調査を発表しました。3月の消費意欲指数は46.5点と、前月比で4.8ポイント、前年比では1.4ポイントのプラスと、ともに増加しています。3月という季節的な要因と自粛の反動から、全般的に消費意欲が高まっていますが、前年に比べイエナカ消費にシフトした状況は続きそうです。
 
出典画像:プレスリリースより
博報堂は「来月の消費意欲」を点数化し、その結果を「来月の消費予報」として発表しています。
 
季節や年度の変わり目である3月は、行事やイベントが多く消費意欲指数が高まる月です。今年も前月から4.8ポイントのプラス、前年と比べても1.4ポイントの増加となりました。
 
理由を見ると、消費にポジティブな回答は、2月の203件から3月は330件と増加しました。逆に、ネガティブな回答は2月の1,103件から、3月は948件と減少しています。
 
具体的には、この時期ならではの「新生活、新年度の準備」「春物などの服が欲しい」といった回答が、2月の39件から3月は107件と大きく増えています。加えて、「欲しいものがある」が、2月の92件から3月は131件に。「コロナで自粛していた反動で買い物したい、外出したい」は、2月の8件から3月は31件と増えていま

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました