変異ウイルス 東京でも来月上旬に7割超の可能性

2017-08-24_00h03_35 IT総合
東京でも来月上旬には、変異ウイルスの割合が7割を超える可能性があるということです。
 国立感染症研究所によりますと、今月5日までに変異ウイルスの感染者は全国で1040人確認され、このうちイギリス型が803人に上っています。
 これまでの分析では、感染者1人が平均何人にうつすかを示す「実効再生産数」は、イギリス型は従来型のウイルスに比べておよそ1.3倍で、感染力の強さが示されています。
 感染研は、
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました