野村とクレディ・スイス「巨額損失のカラクリ」、2社の犯した御法度とは?

2017-08-24_00h03_35 IT総合
野村ホールディングスが、米顧客との取引に関連して約20億ドル(2,200億円)の損失を出す可能性が高くなった。ほかの投資銀行も損失を抱えた模様で、市場ではちょっとした動揺が広がっている。こうした巨額損失を発生させる原因は何だろうか。
Source: ソフトバンク

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました