バーゼルⅢとは何か?基礎から最終化まで「金融規制」をわかりやすく解説する

2017-08-24_00h03_35 IT総合
バーゼルⅢ(バーゼル3、バーゼルスリー)とは、グローバルに事業を展開する金融機関に対して、金融危機を防ぐ目的で自己資本の強化に努めるように策定された規制である。その最終パッケージが2023年3月より段階的に実施されると、日本の大手金融機関のみならず、国内基準を採用している信用金庫などにも大きな影響が及ぶだろう。ここではバーゼルⅢにおける自己資本比率の計算や、今後予定されている最終化、および想定される影響について解説する。
Source: ソフトバンク

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました