自動調音が可能なLIBRATONEの最新モデル「LIBRATONE AIR+(2nd)」

IT総合
AFUストアは、LIBRATONE社が開発した完全ワイヤレスイヤホンの最新モデル「LIBRATONE AIR+(2nd)」の先行販売をMakuakeにて開始。「TRACK Air+」と「TRACK Air+SE(10周年限定モデル)」の特性を継承した同製品は、完全ワイヤレスイヤホンの次世代を担うと期待されているようだ。
快適な「音」を届ける
今や新しい完全ワイヤレスイヤホンには標準装備されているANC(アクティブ・ノイズ・キャンセリング)機能。同製品にももちろん搭載されているが、フィードフォワード式とフィードバック式を両立したハイブリット式という従来より進化したANCで、最大30dBの雑音を検知し、周辺環境に応じて自動調音できるのが特徴だ。
同製品では、「TRACK Air+SE」で好評だった「風切り音軽減機能」が自動調音となって搭載されている。屋外での通話時にわざわざモード切替をしなくても、風の音を自動で軽減し、クリアな声を届けてくれるという。また、イヤホン内部に搭載されたマイクが体の振動を、外部マイクが外からの雑音をそれぞれ収集し、周辺環境のノイズにも適応した自動調音も可能なようだ。
ほかにも、屋外での使用に適した性能がある。例えば、外音を検知してイヤホン音量を自動調節するANCの環境モニタリングモードや、IP54に対応した防水性・防塵性がそうだろう。
同製品には、安定した接続

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました