慢性的に過小評価と資金不足に悩まされる有色人創業者支援プロジェクトをBlack Innovation AllianceとVillage Capitalが結成

2017-08-24_00h03_35 IT総合
Black Innovation Alliance(ブラック・イノベーション・アライアンス)とVillage Capital(ビレッジ・キャピタル)は米国時間4月7日、有色人ファウンダーが率いる有色人ファウンダーのための起業家支援組織(ESO)の取り組みを支援するResourceと名づけた国家的プロジェクトを発表した。
プロジェクト結成の動機は単純明快だ。ESOは「記録的な需要の高まりとリソースの減少に直面しており、慢性的に過小評価と資金不足に悩まされています」と同組織はいう。
Resourceの目的は地域のアクセラレーターやインキュベーターに教育やコミュニティというかたちで支援することだ。
Resourceの「ESOアクセラレーター」はスタートアップエコシステムのリーダーに財政的に維持可能な組織の作り方を教えるとともに、彼らが出資者候補とつながる手助けをする。
Resourceは有色人のESOリーダーと彼らの出資者による実践的な全国コミュニティを作り、ベストプラクティスを共有し、全米の黒人、ラテンアメリカ人、先住民ファウンダーのための「強力な資金とメンターシップの道筋を開拓する」計画も持っている。
Village CapitalのCEOであるAllie Burns(アリー・バーンズ)氏によると、同社は「歴史的に投資家の盲点にいた起業家に支援と出資を行ういます。盲点になった原因が解

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました