2種類のフラップで“かぶり分け”可能!これからの季節に最適な「ディプシートレイルDフラップキャップ」レビュー

ガジェット総合
クライマーのニーズに寄り添ったマウンテンスポーツブランド「マウンテンハードウェア」。同ブランドから販売中の「ディプシートレイルDフラップキャップ」は、前後にフラップがついた帽子です。SNS上でも「2種類のフラップがついてるなんて画期的!」「環境変化が激しいアウトドアシーンに最適だね」と話題に。それぞれのフラップがどのような場面で活躍するのか、さっそくチェックしてみましょう。
 
【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】




 
 
●状況に応じてかぶり分けできる「ディプシートレイルDフラップキャップ」(マウンテンハードウェア)
気温が少しずつ上昇し、春らしい気候になってきた今日この頃。日差しが気になり始め、そろそろ本格的に紫外線対策を考えなくてはいけない時期です。キャンプやハイキングなどアウトドアを楽しむ私にとって、日差しをしっかりガードしてくれるキャップは必需品。そこで何か良いアイテムはないか探していたところ、少し不思議な形をした「ディプシートレイルDフラップキャップ」(4950円/税込)を発見しました。
 
ラウンド型とスクエア型のフラップがついた同商品。状況に応じて前後を変更できるので、帽子の効果を最大限に引き出せます。
 
たとえばラウンド型のフラップは、上にあげたままキープすることが可能。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました