世界中から日本に大集合! 「バーチャル・ジャパン・プラットフォーム」事業が開始

IT総合
株式会社FIXER(以下、FIXER)、株式会社JTBとそのグループ会社である株式会社Fun Japan Communicationsは、「バーチャル・ジャパン・プラットフォーム」事業を開始する。 XR技術を駆使した仮想空間に世界中の人々が集まり、日本観光やショッピングなど、様々なコンテンツを楽しみながら交流することが可能になる。
XR技術を駆使した「バーチャル・ジャパン・プラットフォーム」事業とは?
コロナ禍による移動制限や観光産業の低迷からの回復を目指し、各社は様々な取り組みをしている。XR技術を活用した地域創生の事例としては、Techableでは過去に、大日本印刷株式会社によるXRコミュニケーション事業を紹介した。
今回の「バーチャル・ジャパン・プラットフォーム」事業は、クラウド・AIを中心としたテクノロジーの領域において最先端を行くFIXERと、100年以上に渡って、人と人との出会いをプロデュースし、豊富な観光ネットワークを持つJTBグループがタッグを組んだ。プラットホーム上では、まず、日本各地の歴史や文化に触れたり、アバターを通じてコミュニケーションを楽しめたりするなど、リアルに近い体験ができる機能を拡充させる。[youtube https://www.youtube.com/watch?v=pjfZrmF5Hao&w=560&h=315]その後は、日本の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました