米インテルの半導体工場新設が、日本経済「大打撃のフラグ」と言えるワケ

2017-08-24_00h03_35 IT総合
米国と中国が重要製品の国産化を急ピッチで進めている。背景には、EV(電気自動車)シフト、企業のデジタル化、そして米中分離(デカップリング)による世界経済のブロック化という要因があり、この流れは一時的なものではない。日本経済は米中がビジネス面で連携することを前提に組み立てられており、この図式が崩れてしまうと大打撃を受ける。このままデカップリングが進んだ場合、日本は厳しい状況に置かれることになる。
Source: ソフトバンク

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました