外出自粛中にフリマアプリで片付けをした人は76%、 フリマアプリユーザーの9割以上が「ポイ活」

ガジェット総合
楽天グループが運営するフリマアプリ「ラクマ」は、フリマアプリの利用経験がある20~40代の女性600人を対象に、「コロナ禍におけるお片付けとフリマアプリ活用に関するアンケート調査」を実施しました。外出自粛中に不用品の処分や家の掃除をする頻度が増えた人は、3人に2人以上となっています。フリマアプリを活用する理由のトップは、「片付けるため」で76.5%でした。フリマアプリユーザーの9割以上が普段の生活の中で「ポイ活」(ポイントを貯めること)を意識しており、最も貯めたポイントは「楽天ポイント」となっています。
出典元:楽天グループのラクマ「コロナ禍におけるお片付けとフリマアプリ活用に関するアンケート調査」
 
出典元:楽天グループのラクマ「コロナ禍におけるお片付けとフリマアプリ活用に関するアンケート調査」
 
コロナ禍で外出自粛になってからの、不用品の処分や家の掃除をする頻度について聞きました。3人に2人以上が「増えた」と回答しています。特に、処分したいものが溜まっている場所は、「クローゼット」が61.5%、「本棚・収納棚」が33.5%でした。
出典元:楽天グループのラクマ「コロナ禍におけるお片付けとフリマアプリ活用に関するアンケート調査」
 
出典元:楽天グループのラクマ「コロナ禍におけるお片付けとフリマアプリ活用に関するアンケート調査」
&nbs

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました