ベッドでおぼれる 重症の苦しみ

2017-08-24_00h03_35 IT総合
比較的若い世代でも重症化するケースが相次いで報告される中、コロナによる肺炎で死を意識するまでに容体が悪化した50代男性会社員が入院生活を振り返った。陸にいながら水におぼれているようで、「命の終着駅が見えた」と語る。
Source: ヤフーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました