初期の携帯電話のネットワークに「意図的にバックドアが仕込まれていた」と暴露する論文が発表される

2017-08-24_00h03_35 ガジェット総合
1990年~2000年代の携帯電話のネットワークに、根本的な暗号化アルゴリズムの脆弱(ぜいじゃく)性があったことが判明したとの論文が発表されました。この脆弱性が偶然に紛れ込んだ可能性が極めて低いことから、暗号技術の専門家らは「初期の携帯電話ネットワークは意図的に脆弱に設計されたものだった」と結論付けています。続きを読む...
Source: ギガ人

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました