不妊治療 初の医療従事者向けガイドライン

2017-08-24_00h03_35 IT総合
不妊治療のための検査や標準的な治療方法などをまとめた医療従事者向けのガイドラインが初めて作成され、日本生殖医学会が23日に公表しました。
日本生殖医学会が23日に公表したガイドラインは、生殖医療に関わる医療従事者向けのもので、体外受精や胚移植などの標準的な治療方法を示していて、治療の質や金額などからA、B、Cで推奨レベルを分けて解説しています。
厚労省が行った全国のクリニックなどへの実態調査や
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました