南ア、オミクロン株の再感染拡大 症状は軽度=専門家

2017-08-24_00h03_35 IT総合
[ナイロビ 2日 ロイター] - 南アフリカ国立伝染病研究所(NICD)の微生物学者、アン・フォン・ゴットベルク氏は、南アフリカで新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン」による再感染が増加しているが、再感染やワクチン接種後の感染による症状は軽度のようだと述べた。

南アフリカ国立伝染病研究所(NICD)の微生物学者、アン・フォン・ゴットベルク氏は、南アフリカで新型コロナウイルスの新変異
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました