食品ロス削減アプリ「TABETE」、5日間でクリスマスケーキ120個以上をレスキュー

IT総合
株式会社コークッキングは、飲食店やスーパーなどと消費者をつなぎ、まだ食べられるのに廃棄されそうな商品の販路を確保するアプリ「TABETE(タベテ)」を展開中。2022年1月現在でユーザー約48万人、掲載店舗約2000店舗となっています。
同社は、クリスマスや忘年会などの行事で食品需要が読みづらく、多くの食品ロスが発生しやすい年末シーズンに「クリスマスレスキュー大作戦2021」と題したプロジェクトを実施。「TABETE」を通じて多くの食品レスキューに成功したと報告しています。
5日間で120個以上のケーキをレスキュー
「クリスマスレスキュー大作戦2021」は、2021年12月20日~2022年1月11日の期間で実施。同プロジェクトのポイントは、クリスマスケーキなどの季節性商品であれば、通常の出品価格上限(2080円)を上回る5980円の商品まで出品できるということでしょう。
例年、こういった季節性商品のレスキュー需要はあるものの、同アプリが設定している出品価格上限により出品を断念せざるを得ない商品があったという状況を鑑みての対応のようです。
結果、12月25日~29日の5日間、クリスマス関連のケーキ類の出品数が急増。120個以上のケーキ類、額にして20万円以上の食品ロス削減に成功したといいます。特にクリスマス翌日の26日の出品数は多く、他の日平均と比較して倍以上にもなったようです。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました