待機短縮 歓迎の一方慎重な声も

2017-08-24_00h03_35 IT総合
新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者に求められる待機期間の短縮が決まった。感染が急拡大する沖縄県などの医療従事者からは「社会機能維持のために必要」と歓迎する声が上がる一方、過去にクラスターが発生した病院では慎重な意見も。
Source: ヤフーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました