ロシア当局が悪名高いランサムウェア集団「REvil」を摘発、活動停止に

2017-08-24_00h03_35 IT総合
ロシア連邦保安庁(FSB)は現地時間1月14日、悪名高いランサムウェア集団「REvil」を摘発し、その活動を停止させたと発表した。
この前例のない動きは、ロシア国外で活動する他のランサムウェア集団に対するメッセージとなることは間違いなく、ロシア当局はモスクワ、サンクトペテルブルク、リペツクの各地域で、REvilのメンバーとみられる14人が所有する25の建物を家宅捜索した。
2021年7月に活動を停止し、その後、9月に復活に失敗したREvilは、Colonial Pipeline(コロニアル・パイプライン)、JBS Foods(JBSフーズ)、米国のテクノロジー企業Kaseya(カセヤ)を標的とした攻撃など、過去12カ月間で最も被害が大きかった攻撃のいくつかを指揮したとみられている。
関連記事:ランサムウェア犯罪組織「REvil」、そのデータリークブログが乗っ取られて再び姿を消す
FSBは、4億2600万ルーブル(約6億4000万円)超と50万ユーロ(約6500万円)、60万ドル(約6800万円)の現金、暗号資産ウォレット、コンピューター、高級車20台を押収したと発表した。
FSBは声明で、米当局の要請を受けて捜査を行い、その結果は通知された、と述べている。
拘束されたランサムウェアのメンバーは「支払手段の違法な流通」の疑いでロシアの法律に基づいて起訴された。ロシア当局は、容疑者の名

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました