井口監督が審判に激怒 試合後退場

2017-08-24_00h03_35 IT総合
14日のオリックス戦で、ロッテ・井口監督が試合終了後、審判団に侮辱的な発言で退場となった。9回、最後の打者となったエチェバリアの外角低めがストライクと判定され見逃し三振となり、審判団への抗議が暴言ととられたもよう。
Source: ヤフーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました