「働けど働けど、わが暮らし楽にならざる」なり? Wワーキングプアの現実

マーケティング
本記事は、原田曜平氏の著書『メガヒットのカギをにぎる! シン世代マーケティング』(ぱる出版)の中から一部を抜粋・編集していますWワーキングプアは「働けど働けど、わが暮らし楽にならざる」なり (画像=PIXTA)「Wワーキングプア」は子供ありの共働き夫婦ですが、決して生活に余裕があるとは言えません。一言で説明するなら、「働けど働けど、わが暮らし楽にならざる」なりな人たちです。あるサンプル家庭をご紹介しましょう。私の小学校時代の同級生W君です。彼は介護士で妻は保育士。お子さんが2人。住まいは東京23区内ですが都心区ではありません。山手線の外側、かなり駅遠の賃貸マンション。いわば〝東京の郊外〞です。間取りは2LDK。本当はもっと広い所に住みたいけれど、経済的に難しいとのことです。夫婦ともに仕事は多忙を極めますが、労働時間の長さにしては低い給与と言わざるをえません。その上介護士の仕事は勤務時間が不規則。経済的にも時間的にも毎日余裕がないとW君はこぼします。W君は若い頃、趣味で楽器を弾いていたのですが、結婚後は仕事と子育てに追われて長らく弾けていません。休日の買い物は完全に子供のものだけ。自分の趣味に使うような金銭的余裕はなく、個人はもちろん家族としての外食も皆無だと言っていました。この世代は中堅偏差値以上の大学を卒業していても新卒で正社員として入社できなかった人が多くいます。W君もそうで

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました