財政政策の旧弊打破のための4策

マーケティング
この記事は2022年8月3日(水)配信されたメールマガジンの記事「岡三会田・田 アンダースロー(日本経済の新しい見方)『財政政策の旧弊打破のための四策』を一部編集し、転載したものです。 (画像=takasu/stock.adobe.com)目次要旨 アベノミクスを支持する日銀新執行部に ネットの資金需要を新しい財政規律に国債60年償還ルールを撤廃してワニの口を閉じさせる内閣府の中長期の経済財政試算で企業貯蓄率を公表させる 要旨 日本経済のデフレ構造不況からの脱却を妨げてきた財政政策の旧弊を打破するためには4つの策が必要だ。新しい資本主義で、国民に所得を回すために、最も急務な改革である。1つめはアベノミクス堅持で「アベノミクスを支持する日銀新執行部に」、2つめは古いミクロの財政運営を打破するために「ネットの資金需要を新しい財政規律に」、3つめはポリシーメーカーの選択肢を狭めることがなくなるように「国債60年償還ルールを撤廃してワニの口を閉じさせる」、4つめはネットの資金需要を現実的な財政政策の指針とするために「内閣府の中長期の経済財政試算で企業貯蓄率を公表させる」ことだ。アベノミクスを支持する日銀新執行部に 2023年度の予算編成の骨太の方針と新しい資本主義の実行計画では、アベノミクスの堅持を明言し、金融緩和と積極財政のポリシーミックスの継続が必要デフレ構造不況脱却のためには、企業

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました