自動ゴミ収集ステーション付き! Ankerの新型ロボット掃除機「Eufy RoboVac L35 Hybrid+」

IT総合
デジタル関連製品を手がけるアンカー・ジャパン株式会社は、スマートホームブランド「Eufy(ユーフィ)」から新型ロボット掃除機「Eufy RoboVac L35 Hybrid+」の一般販売を開始しました。
「Eufy RoboVac L35 Hybrid+」は、同ブランドで初めて自動ゴミ収集ステーションを備えたモデル。家電のレンタルサービス「レンティオ」でも取り扱いを行っています。
約2カ月分のゴミを収納
初めて自動ゴミ収集ステーションを備える本モデル。掃除機本体とドッキングすることで、回収したゴミを自動で収集します。
ダストバックは抗菌・消臭加工が施されており、容量は約3L。およそ2カ月分のゴミを収納することができるので、ゴミ捨ての手間がかかりません。
ダストステーションのサイズは、約39.4×24.5×22.0cm。なお「Eufy RoboVac L35 Hybrid」は、ステーションを省いた本体のみのモデルになっています。
Eufy RoboVac L35 Hybrid(ステーションなし)
独自のリアルタイムマッピング技術を搭載
掃除機本体のサイズは約35×35×10cmで、重量は約3.3kg。「iPathレーザーナビゲーションシステム」を搭載し、部屋の間取りをリアルタイムでマッピングします。
吸引力は4段階で、最大3200Pa。3段階の水量を調整できる水拭きにも対応します。本

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました