投資信託をやめたほうがいい人・やったほうがいい人

マーケティング
投資信託は少額から購入でき、ひとつの銘柄で複数の地域や商品に分散投資を行ってリスクを抑えられることから人気があります。ただし、投資信託は投資先として誰にでも適した金融商品ではなく、やめたほうがいい人もいます。そこで本記事では、投資信託の運用をやめたほうがいい人・やったほうがいい人の特徴を解説します。あなたご自身が投資信託の運用に向いているのかを確認しましょう。投資信託の仕組み (画像=Thaweekiat/stock.adobe.com)投資信託は、投資家から集めたお金を専門家が運用してくれる金融商品です。運用がうまくいけば投資信託の基準価額が上がり、譲渡益や分配金として利益を受け取れます。投資信託では、専門家が運用方針に基づいて国内外の株式・債券などの中から投資先を選び、投資家に代わって運用します。つまり投資信託を保有すると、間接的にさまざまな国・地域・投資商品に投資できるのです。投資信託をやめたほうがいい人の34つの特徴次に、投資信託をやめたほうがいい人の特徴を34つ紹介します。投資信託を始めようか迷っている方は、ご自身に当てはまる項目がないかチェックしてください。余剰資金がない余剰資金とは、手元にある資産のうち、生活費や非常時に備えて残しておく資金を除いた資金のことです。この余剰資金がない場合は、余剰資金以外の資金を使いたいと思うかもしれませんが、投資はできるだけ余剰資金の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました