バフェット、ロックフェラー、ジム・ロジャーズが語る、大富豪のお金の常識

マーケティング
本記事は、桑原晃弥氏の著書『世界の大富豪から学ぶ、お金を増やす思考法』(ぱる出版)の中から一部を抜粋・編集しています「私は小さな雪の玉をずいぶん若い時から固めた。10年遅く始めたら、今頃もっと山の斜面のずいぶん下にいただろう」──「スノーボール」下 (画像=Татьяна Грязнова/stock.adobe.com)ウォーレン・バフェット(バークシャー・ハザウェイCEО。世界一の投資家)「世界一の投資家」と呼ばれるウォーレン・バフェットは子どもの頃からさまざまなビジネスに手を染めています。6歳の時、アイオワ州にあるオカボジ湖にある山荘を借りて、一家が休暇を過ごしたことがありますが、その時、バフェットはコーラ缶6缶を25セントで買い、それを湖に行って1缶5セントで売り、5セントの利益を上げています。休暇を終え、オマハに帰ってからは祖父の雑貨屋で仕入れたソーダを一軒一軒売り歩いてもいます。生活に困っていたわけではありません。大恐慌の直後こそ父ハワードは職を失い、新しく立ち上げた証券会社の顧客開拓に苦労しましたが、バフェットが6歳になる頃には家庭の経済状態は随分と好転していました。「お金が好き」という以上に、自分の小さなビジネスによって「お金が増えていく」のを見るのが好きな子どもでした。以来、競馬場で予想紙を発行したり、ゴルフ場でロストボールを集めて売ったり、あるいは友だちと組

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました